アトピー肌に欠かせない保湿ケア|痒みを抑える

長くしたいのであれば

化粧する人

最近は、いろいろな方法でまつげを長くすることができたり、ボリュームアップすることができますが、なるべく自分のまつげだけでナチュラルにしたいという方には、まつげ用の美容液などがオススメです。コツコツ続けることで、周囲の人に長いと言われるくらい長さが出てくると思います。

More Detail

肌の美白を維持する商品

美容液

女性の化粧品選びのポイントは年齢によって変わりますが、美白効果を求めるならビタミンc誘導体を含む化粧品が最適です。これらの成分を多く配合している美容液の利用を検討する際には、各種情報サイトを活用しましょう。

More Detail

肌の炎症をケアするには

基礎化粧品

アトピー肌のケアには保湿剤の選び方が大切です。既に炎症が起こっているアトピー肌の保湿にはワセリンやクリーム系やオイル系などの重めの保湿剤がおすすめです。どれを選べばいいのか分からない場合はワセリンを選ぶといいでしょう。アトピー肌の方は元々肌のバリア機能が低いので少しの刺激でも痒みや炎症が起こってしまいます。そして掻いてしまう事により肌の角質がダメージを受け、よりバリア機能が低い状態になってしまいます。このような事を防ぐためには、まず肌全体を覆ってバリア機能の役割を果たしてくれるワセリンなどの重めの保湿剤が欠かせないのです。バリア機能の役割を果たしてくれる保湿剤には外部からの刺激を遮断する役割と肌の水分を蒸発させない役割があります。

アトピーの炎症が起こっている肌は、普段問題なく使えている化粧品や保湿剤でも刺激になってしまい悪化する場合があります。ですから、なるべく肌に優しく刺激が少ない保湿剤を選ぶ事を心掛けて下さい。例えばワセリンを使用する場合は精製度の高いサンホワイトやプロペトを使うなどの工夫が必要です。また、人によって刺激となる成分は異なるので無添加や肌に優しいなどと謳われている商品でも肌に合わない場合があります。使ってみて痒みや炎症が出るようなら肌に合っていない可能性もあるので無理に使わない様にしましょう。炎症が出ている時に使うもの、乾燥が酷い時に使うものなど目的に合わせて保湿剤を分ける事も必要です。自分の肌に合った保湿剤を見つけて綺麗な肌を目指しましょう。

一個でエイジングケア

美容クリーム

エイジングケアができるオールインワンゲルがメディプラスゲルです。美容成分が肌内部に浸透し、ゲルが表面を覆って長時間潤いを閉じ込める働きをします。メディプラスゲルを使ってスキンケアを続ければ、乾燥に強い肌質になります。

More Detail